妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

育児基礎知識:1ヶ月~3ヶ月

Grand LUXE TOP > 育児 > 育児基礎知識:1ヶ月~3ヶ月

予防接種

pho_maternity_08.jpg

予防接種は、生ワクチンであるBCG・麻しん・風疹・ポリオ、不活化ワクチンであるDPT(三種混合ワクチン)があります。生ワクチン接種後は4週間、不活化ワクチン接種後は1週間経過しないと、他の予防接種は受けられません。そのほか、任意接種(費用は全額自己負担)として、インフルエンザ、おたふくかぜ、みずぼうそうなどもあります。通知が届いたら、予防接種のスケジュールをしっかりたてましょう。

3~4ヶ月検診

身長・体重・胸囲・頭囲の身体計測、首のすわりなどの発達のチェック、股関節脱臼、斜頚や心臓の異常のチェックなどを行います。BCGの予防接種も受けましょう。離乳食開始の説明もありますし、何か不安を抱えている場合は、この機会に相談してみましょう。

ママケア =抵抗力=

出産という大変な作業を終え、その後育児という新しい疲労が加わって、ママの体は抵抗力が落ちています。乳房が痛んだり、38度以上の高熱が出た場合は乳腺炎の疑いもあるのですぐに受診しましょう。それには乳首を清潔に保ち、赤ちゃんが飲み残した乳汁はしぼっておくことが大事です。まだ悪露が続くような場合は子宮復古不全が考えられます。会陰切開の傷が心配で便秘になったり、分娩時のいきみから痔や脱肛なることもありますので、気になることがあれば病院で診てもらいましょう。

ママケア =お酒やタバコはNG!=

ママの体も大体元に戻り、妊娠前の洋服も着られるようになります。母乳をあげているママは、しっかり栄養補給をしましょう。また、授乳中はお酒やタバコは控えましょう。体型が気になる人は、継続してシェイプアップを頑張りましょう。

自己認識!

目がみえるようになり、自分の手を顔の前に持っていってじーっと眺める姿がみられるようになります。また、手を口元に持っていけるようになると、親指やこぶしを口に入れて、吸ってみたり。こうやって、赤ちゃんは自分の手の存在に気づいていきます。自分を意識する第一歩が、自分の手なのです。

寝返りの練習!

たて抱っこをしても、首がグラッとすることもなくなり、もう少しで首がすわるようになります。胴の筋肉もしっかりして、寝かせておくと、まっすぐ上を向いていないで、横向きになろうと一生懸命動く姿が。下半身だけをねじって、寝返りしそうになることも。腹ばいにすると、腕でからだを支えて頭をしっかり持ち上げるようになります。

寝る時間が増える頃!

徐々に起きている時間が長くなってきます。昼と夜の区別をつけるために、昼は日中は公園にお出かけして体を動かしたり、夜は電気を消して暗くするなど工夫して、昼と夜とのメリハリのある生活を心がけましょう。リズムがついてくると、おっぱいやミルクの量や回数も安定しますし、授乳間隔も3~4時間おきになり、夜中の授乳が1~2回に減って、長く眠るようになります。ママの負担も少しだけ軽くなります。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら