妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

お風呂に入ろう

Grand LUXE TOP > 育児 > お風呂に入ろう

お風呂はパパの仕事?

pho_maternity_06.jpg

入浴はパパの仕事という家庭も多いですよね。温度は38~40度で、ちょっとぬるいかな?と思うくらいの温度が赤ちゃんには適温。あまり長湯せず、頭と体をあらってさっとすませてしましましょう。パパの帰りが遅い家庭の場合、休日はパパが入浴担当になってパパと赤ちゃんのスキンシップをするといいでしょう。赤ちゃんとのバスタイムは楽しくて、至高の時ですよ。

お風呂は毎日入れましょう!

赤ちゃんは新陳代謝が活発。いっぱい動くから、いつも汗をかいています。おしっこやうんちでおしりも汚れるし、基本的には1日1回はお風呂に入れて体をきれいにしてあげましょう。夏場で汗を大量にかいたり、かぶれやすい赤ちゃんの場合なら1日に2~3回、シャワーや行水でも大丈夫。ただし、石けん洗いは1日1回にしましょう。

生後1ヶ月までの間は、大人と一緒のお風呂は病気の感染や安全面から避け、赤ちゃん専用のベビーバスを利用します。お風呂タイムは赤ちゃんにとっても体力を消耗する時間なので、38℃くらいのぬるめのお湯で、10分以内でさっとすませるようにしましょう。冬場は湯冷めをしないよう、部屋を暖めておくことも忘れずに。体温が37.5℃以上あるときや機嫌の悪いときなど、体調が悪い時には無理にお風呂にはいれず、温かいおしぼりやガーゼで全身をよく拭いてあげるとよいでしょう。

湯上りの準備をしておこう!

赤ちゃんのお風呂で忘れてはいけないのが、湯上りの準備。湯冷めをしないように、しっかり準備をしておきましょう。

  • ・座布団の上にバスタオルを広げておく
  • ・肌着の袖を広げた裾の方にオムツを広げておく
  • ・耳そうじ用の綿棒、おへそそうじ用の綿棒や消毒薬をそばにおいておく(夏場ならベビーパウダーもそばに置いておくと便利)
  • ・湯上りののどの渇きをいやす湯冷ましを哺乳瓶に入れておく

これらの準備を整えてからお風呂に入れる習慣をつけるとよいでしょう。

洗い順は「上から下へ」

洗う順番は、頭から肩、腕、からだ、足と、上から下へ。ごしごし洗いすぎないように、石鹸はよく泡立ててから洗いましょう。今は泡で出すタイプの容器もあるので、そういったものを使うのもよいでしょう。

洗ったあとは丁寧に汚れカスや石鹸カスをとるために、さっと流しましょう。とにかく、赤ちゃんのお風呂は「きれいにすること」が最優先。それも、お尻をきれいにしてあげれば合格点です。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら