妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

行事・しきたり

Grand LUXE TOP > 育児 > 行事・しきたり

出産に関わる行事とマナー

pho_maternity_10.jpg

出産は女性にとっても、家族にとっても人生最大のビッグイベント。だからこそ、子供の健康を祈って様々な行事を行います。実際に行事を行う際の知識と、友人知人の出産報告の際のマナーを身につけておきましょう。

お七夜

赤ちゃんにとって始めてのお祝い事です。これは赤ちゃんの命名式で、赤ちゃんの名前が決まったことを祝い、お披露目をするお祝い事です。
正式には生後7日目に行いますが、最近は特に7日目にこだわらず、家族の都合のいい日に行うようです。

正式なやり方は、赤ちゃんを正装させて命名書を神棚や床の間などの高い場所に飾り、家族でお祝い膳(お赤飯や、尾かしら付きの魚など)をいただきますが、最近は、命名書をベッドの上や、部屋の目立つところに貼ったり、出前をとってお祝いすることが多いようです。命名書はパパやママが書いたもので大丈夫。

お宮参り

赤ちゃんの健康や将来を願い、その土地の氏神様に出産の報告をする儀式のことです。氏神様を祭ってある神社にお参りに行きます。

男の子は生後31日、女の子は生後32日目にお参りに行くことが一般的ですが、地域によって違ってくるようです。
また、生後1ヶ月の頃はママの体もまだ完全に回復していないため、パパ方のおばあちゃんが赤ちゃんを抱っこするのが慣わしのようです。

しかし、最近は夫婦二人と赤ちゃんで参拝することも多いため、二人の都合のいい日に参拝することも多くなっています。

謝礼は神社によって違いますが、5000~8000円が相場です。ご祝儀袋に包んで「初穂料」、「玉串料」と表書きします。

赤ちゃんはベビードレスを着せて上から羽二重などを羽織らせますが、なかなか着せる機会もないのでレンタルで済ませることも多いようです。

女性は訪問着や、スーツ、ワンピースなど。男性はスーツが一般的です。

お食い初め(おくいぞめ)

子供が一生、食べ物に困らないように願い赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式が「お食い初め(おくいぞめ)」。この時初めてお母さんのお乳以外の食べ物を口にします。ただし口にするといっても、食べるマネをするだけですが。

正式な形での祝い用の食器は、箸は柳の白木、お椀は鶴、松などの蒔絵(まきえ)模様の描かれている漆器のもの。お膳は紋付で男の子なら朱塗りの膳、女の子なら外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器を用います。このお膳は母方の実家から贈られる事が一般的ですが、家紋は婚家(嫁ぎ先)のものをいれることも多いようです。

しかし、お食い初め揃えでなくても汁椀とめし椀と箸などそろえて使えば、それで充分です。これらのお食い初め揃えやお椀などはそのまま離乳食の器としてお使いいただけます。

食事は以下のものを用意します。

  • 1.鯛などの尾頭付きの焼き魚(地方によって魚の種類が違う場合もあります)
  • 2.すまし汁(鯛、鯉などの実)
  • 3.煮物
  • 4.香のもの
  • 5.赤飯、白飯

さらに、丈夫な歯が生えるように、歯固めの小石と、しわがいっぱいになるまで長生きできるように梅干を添える習慣もあります。また、二の膳として紅白の餅を五つ添えるのが本格的なものです。

初節句

赤ちゃんが生まれて初めて向かえる節句です。男の子は5/5のこどもの日、女の子は3/3のひなまつりにお祝いします。

マナー:出産報告とお見舞い

出産報告や友人・知人のお見舞いなど、出産にかかわることでマナーに気をつけなければいけないことは結構あります。いくつか羅列してみました。

  • ・出産直後は報告を身内だけにし、落ち着いてから連絡する
    ※これはお祝いの催促にもなりかねないからです。
  • ・夫と両親以外は、体調が回復するまでお見舞を遠慮する
  • ・退院の直前か退院後に訪問する
  • ・見舞い品は花や栄養のある食べ物が喜ばれる
  • ・身内以外の男性は入室せず、家族に見舞い品とカードを渡す
  • ・女性でも、風邪気味の時や自分の子を連れて行くのはタブー
マナー:流産や死産の場合

元気な赤ちゃんが誕生なら心からお祝いしてあげれば多少のマナー違反も許されますが、流産・死産の場合には相手の気持ちを汲んで、適切な対応を心がけましょう。

  • ・連絡は実家の母親を通じて手紙で行う
  • ・お祝いをいただいている場合には御礼と結果を伝えるだけで充分
  • ・いただいたものは次の機会に使わせていただく旨を諒解してもらう
  • ・処分したい場合は福祉施設などへ寄付すると良い
  • ・お礼をしたい場合、忌明け(四九日後)に不祝儀用のお返しをする
  • ・不幸の知らせを受けた場合、お見舞として、現金、花、果物などを贈る
  • ・親しい場合には励まし、親しくない場合はしばらくそっとしておく
  • ・お見舞へ行く際には子供を連れて行かない

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら