妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

内祝い・お祝い返し

Grand LUXE TOP > 育児 > 内祝い・お祝い返し

内祝いとは?

pho_maternity_10.jpg

出産内祝い、入学内祝い、成人内祝い、就職内祝い、結婚内祝い、新築内祝い。人生の喜ばしい節目節目でついてまわる内祝い。
何かおめでたい事がありお祝いを頂いた後、そのお返しとして内祝いが贈られる事が多いです。現代では慶事に貰ったお祝いへの返礼品、いわゆるお祝い返しであるというとらえ方が一般的です。

出産内祝い

出産内祝いを贈る時期は、正式にはお宮参りの頃(生後1ヶ月頃)です。

ただ、近年は頂いた出産祝いのお返しとして出産内祝いを送るケースがほとんどですので、「産まれて1ヶ月頃までにお祝いを貰った方へのみ」1ヶ月頃にまとめて内祝いを送り、遅れてお祝いをくれた方にはその都度、内祝いを送るというのが実情のようです。

遅れてお祝いを頂いた場合には、生後半年以上経ってから「出産内祝い」が送られる事も珍しくありません。

出産内祝いの贈り方

出産内祝いにつける「のし」には、紅白の蝶結び(花結び)のしを使用し、水引の上に「内祝」下に生まれた子供の名前を書きます。これには子供の名前のお披露目という意味がありますので、名前の読みが難しい場合は、振り仮名をつけると良いです。のしの他に、風習によっては命名札を付ける場合もあります。命名札は、上に「命名」下に「子供の名前」を記入した短冊状のもので、上下に赤線が入った大きめの札が伝統的ですが、近頃では小さくてカジュアルな命名札も普及しています。

出産内祝いの金額

出産内祝いは貰ったお祝いの額の、だいだい3分の1~2分の1ぐらいの金額の物を送るのが世間相場のようです。 1万円のお祝いを貰った場合は、内祝いの金額は3000円~5000円となります。もちろん、あくまでも世間一般での相場ですので、親戚間、友人間の通例やそれぞれの家庭事情で妥当な額を予算とすれば良いと思います。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら