妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

こんにちは。赤ちゃん

Grand LUXE TOP > 育児 > こんにちは。赤ちゃん

可愛いわが子との二人だけの時間を楽しんで!

pho_maternity_05.jpg

生まれたばかりのわが子と触れ合える時間は少ないけど、赤ちゃんを抱きかかえたら今までの苦労なんて吹き飛んじゃう!少しの時間だけど、至福の時を存分に味わってくださいね!

病院でしっかり練習 沐浴や授乳は助産師さんにしっかり聞いて!

はじめてのお産の人も、そうでない人も、子どもを産むということは共通のミラクル!病院によって入院日数も過ごし方も違うけど、退院した後のことをちゃんと意識して、多くを学んでいってください。

退院までの流れ
  • ・出産当日はとにかくゆっくり休んで。お産の疲れをとりましょう。
  • ・分娩のときに胎盤がはがれたあとの血液や卵膜の残り、膣や子宮けい管の分泌物が悪露(おろ)として排出されます。悪露は子宮回復のバロメーター。順調に回復していれば赤→褐色→淡黄色へと色が変化します。量はだんだん減り、産後1ヵ月くらいになれば色も白くなってきます。出産直後は悪露の最も多い時期ですから、産褥パッドはまめに交換し、外陰部を清浄綿で拭いて清潔を保ちましょう。
  • ・出産翌日からはいよいよ授乳が始まります。母乳マッサージの指導を受けたり、忙しくなりますよ。
  • ・産褥体操を始めましょう。正常分娩ならベッドの上で軽い肛門を引き締める体操などからスタート。尿失禁予防にも役立ちます。
  • ・退院指導、退院健診を受けます。特に異常がなければ、いよいよ退院です。
退院した後の生活をちゃんと考えておいて!

退院した後はみんなそれぞれの人生が待っているはず。職場復帰する人も、実家に帰る人も、退院した後に頼れる人をみつけておくことはとても大切です。親でも、友人でも、先輩でも後輩でも。もちろん、伴侶である旦那様でも。これから長い道のりだからこそ、無理せずいろんな人にたよっていきましょう。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら