妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

お産の流れと入院

Grand LUXE TOP > 妊娠 > お産の流れと入院

はじめてのお産でも、流れを知っていれば不安もないはず!

pho_maternity_06.jpg

初めてのお産はわからないことばかり。どうなったら病院に行くのか、行ったあとはどう進んでいくのか、出産までにはどれくらい時間がかかるのか・・・。入院の手続きだって、分からないことだらけ。

だからこそ、事前にしっかり調べて流れを確認しておけば不安も和らぎますよ!

お産の始まりから赤ちゃん誕生までの進行表

赤ちゃん誕生までの8STEP。これがわかれば怖くない!

STEP1 おしるし【分娩第1期】

少量の血が混じった「おりもの」が「おしるし」。お産が近くなると、子宮口が開きはじめたり、子宮が収縮して卵膜が子宮から少しはがれはじめたりして、出血することがあります。おしるしのないまま出産にのぞむ人もいます。

※出血量が月経よりも多い場合には「異常出血」とみられるので、すぐに病院へ行きましょう

STEP2 陣痛

子宮が収縮して、規則的に繰り返し起こる痛みが「陣痛」。通常、陣痛が10分間隔になったら産院に連絡をとるようにします。10分間隔でも出産までには10時間以上あるので、慌てないで入浴やシャワーをすませておきましょう。

STEP3 破水

陣痛がくる前に、卵膜が破れて羊水が流れ出るのが「破水」。大抵の場合、破水は陣痛がピークにさしかかるころに起こりますが、陣痛がはじまる前に破水することがあります。「前期破水」といいますが、前期破水すると、まもなく陣痛が始まりますので、急いで病院へ連絡しましょう。また、破水したらお風呂に入ってはいけません。

STEP3 破水

病院に行ったら、入院手続きの手続きをします。家族の方が一緒の場合は病院のスタッフから同行した家族の方へ手続きの説明があります。その後、受付で手続きが終わったら問診、内診、分娩監視装置で赤ちゃんとママの状態を調べます。

STEP5 陣痛室

お産がある程度進むまで待機するのが「陣痛室」。産院によっては病室で待機する場合もあります。ここで、子宮口が開くのを待ちます。立会出産の場合には、ここで旦那さんがママの腰などをマッサージしてあげるとよいでしょう。

STEP6 分娩室

一般的に、初産であれば大体お産開始(おしるしや陣痛)から10~12時間後に子宮口が全開大近くになりますので、分娩室に移動します。いよいよ分娩!

STEP7 いきみ開始【分娩第2期:娩出期】

分娩室に移動したら、子宮収縮がない時間が3,2,1分と、どんどん間隔が狭くなります。その陣痛の間隔を測って、助産婦さんの指示により力いっぱいいきみます。

STEP8 赤ちゃん誕生!【分娩第3期:後産期】

いよいよ待ちに待った赤ちゃんとの対面!一般的には分娩室に入ってから2,3時間後あたり。赤ちゃんが生まれた10分後くらいには軽い陣痛がきて、胎盤が出てきます。胎盤が出た後に大出血することもあるので、分娩室で2時間くらいゆっくりと様子をみます。

入院の手続きについて

院時に受付で診察券と母子健康手帳、健康保険証などを出し、必要書類に記入して入院手続きをすませます。入院一時金はこのとき支払うのか、あとで夫が支払っても大丈夫なのかは、事前に確認しておくといいでしょう。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら