妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

不妊の原因と治療

Grand LUXE TOP > 妊娠 > 不妊の原因と治療

不妊の原因は複雑

pho_maternity_03.jpg

女性が妊娠・出産するメカニズムはとても複雑です。そのどこかにトラブルがあると、妊娠することが出来ず、不妊の原因になります。ですから不妊の原因はひとつではなく、複数であることが少なくありません。

その不妊の原因を探しあてることは、簡単なことではありません。不妊検査を受けたから、不妊治療を受けたからといって、簡単に不妊の原因が解明されて妊娠できるというものではありません。あきらめず、辛抱強く、が不妊治療には必要です。

しかし、特に症例が多いものは下記の原因です。

排卵障害

排卵が正常に行われない排卵障害は、最も多い不妊原因です。原因としては精神的なストレス、急激な体重の変化、卵巣自体に原因がある場合など、実にさまざまです。

子宮のトラブル

子宮は受精卵の着床という重要な役割がありますが、受精したとしても、着床にいたらなければ妊娠とはなりません。形状の異常や、子宮内膜症、子宮筋腫などの病気も不妊の原因となります。

精子の障害

精子の数が少なかったり、精子に異常が見られたりすると不妊の原因となります。また、精子の運動能力が足りない、精子を作る過程において障害がみられる、などの原因も考えられます。

女性だけが原因ではない

また男女に関係なく、過度の飲酒や喫煙は不妊の原因となることがあります。

昔は不妊というと原因は女性にあると思われがちでしたが、現在は男性側が原因となっていることも珍しくありません。正しい知識を身につけて治療してください。

原因不明の不妊【機能性不妊】

夫婦で不妊検査を受けても、これといった不妊の原因が見つからない「原因不明の不妊」があります。このように検査で異常が見つからないのに、なかなか妊娠することができない原因不明の不妊症を「機能性不妊」とよびます。

こうした原因不明の不妊症(機能性不妊)は、かなり多いようで、不妊症の10人に1人は原因不明の不妊症だといわれています。

原因不明の不妊症(機能性不妊)の場合、妊娠するためには、排卵誘発剤を使用してのタイミング法や人工授精などの一般不妊治療をくりかえし行います。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら