妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

妊娠前準備1

Grand LUXE TOP > 妊娠 > 妊娠前準備1

妊娠前に行いたい検査・予防接種

pho_maternity_03.jpg

妊娠前に受けておくべき検査

元気な赤ちゃんを安心して出産できるように、妊娠前に受けておくべき検査があります。

pre01_03.jpg

皆さんご存じの通り、子宮頸ガン検診は、妊娠前の女性が必ず受けておくべき検診です。

子宮頸ガンは、ウイルスなどの影響による子宮の入り口付近のガンで、最近では20代前半の女性にも見られるようにななったガンです。そのため、自治体の検診などでは基本的に満20歳以上が対象となります。

子宮ガン検診には、子宮内部のガンである「子宮体ガン」の検診もありますが、これは医師が必要だと判断した場合に実施されるケースが多いようです。

万が一妊娠してから子宮頸ガンが見つかった場合は、初期(0期)であれば病巣部をレーザーで焼くか、子宮頸部を円錐状に切除して子宮口を縛るなどして、基本的には妊娠を継続させます。進行している場合は、妊娠時期によっては人工流産になる可能性もありますが、やはりそのまま妊娠を継続させて出産後に加療する場合もあります。

それに対して子宮体ガンの場合、初期でも多くの場合には子宮全摘出となります。

pre01_04.jpg

妊娠前に受けるべき健康診断として、自治体や健康保険組合で行う健康診断があります。

会社などで受けられる人もいますが、特に30代後半に初めて妊娠する方は必ず受けておくことが大切です。自治体などでも行われていますが、年齢制限等もあるため、たとえ自費となっても受けておくべきでしょう。

具体的な検査内容は、各健康診断によって異なりますが、一般的には以下の通りです。

健康診断の主な内容・問診・身体計測・血圧測定・尿検査(尿糖や尿タンパク、潜血などが分かる)・血液検査 (コレステロール値や中性脂肪、尿酸、血糖、白血球数などが分かる)・心電図・胸部レントゲン撮影

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、結婚を控えている人、もしくは遠くない将来に結婚の予定のある人が結婚前に受ける健康診断で、主に産婦人科で行われます。

特に、結婚したら早期に赤ちゃんが欲しいという人、家族計画がはっきりしている人は受けておくべきです。ブライダルチェックでは、妊娠しにくい体質等もある程度分かりますので、不妊や妊娠の支障となる病気を早期に発見し、治療することに役立ちます。

検査内容は病院によっても異なりますが、概ね次のとおりです。

ブライダルチェックの検査内容・問診・内診・超音波診察・血液検査・尿検査

その他に心電図や胸部レントゲン等を検査する場合もあります。

全ての産婦人科でこれらの検査が受けられるとは限りませんので、事前に病院やクリニックに問い合わせるとよいでしょう。

なお、ブライダルチェックは保険の適応外の診察です。

検査内容にもよりますが、一般的には2万5000円~4万円程度かかるようです。

マンモグラフィー検診

マンモグラフィー検診とは、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影を用いた乳がん検診で、乳房を挟みながら圧迫して、上下方向から1枚、左右方向から1枚(合計2枚・両方の乳房を撮影する場合は合計4枚)撮影します。

マンモグラフィーと視触診を併せて行う乳がん検診では、視触診だけの検診や超音波検査を併用した検診に比べて、2~3倍の乳がんの発見が可能といわれていますので、気になる方は検討されてもいいでしょう。

マンモグラフィー検診は、「妊娠前」に受けることが大切です。基本的に妊娠中は被爆の危険性から受けることができませんし、しこりなど気になることがあっても、超音波検査や触診が中心となり、検査や治療の範囲もせまくなります。

また、妊娠すると乳房が張ってくるため、しこりを自覚するのが難しくなりますので、しこりや乳頭からの分泌液など、少しでも気になる場合は、是非「妊娠前に」マンモグラフィー検査を受けておきましょう。

なお、マンモグラフィー検診を受けられる施設などは「全国マンモグラフィー機器設置病院(URL : http://www.j-posh.com/mmtop.htm)からご確認ください」。

pre01_09.jpg

予防接種では、風疹の抗体を調べることがとても大切です。妊娠中に風疹にかかると、「先天性風疹症候群」と言って、高い確率で胎児に影響が出ます。

また、抗体検査では麻疹や水ぼうそう、おたふく風邪などの抗体も調べることができますので、心配なら是非検査を受けておくとよいでしょう。

風疹などに抗体がない場合でも、予防接種を受ければ基本的に感染を防ぐことができます。予防接種を受けておけば、抗体が赤ちゃんに移行するため、生後しばらくは赤ちゃんの感染も防ぐことができます。

予防接種後の避妊期間は約1~2ヶ月になりますので、すぐに妊娠しないように気を付けましょう。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら