妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

妊娠前準備2

Grand LUXE TOP > 妊娠 > 妊娠前準備2

各種保険・助成金をチェックしておきましょう

pho_maternity_03.jpg

検査だけではなく、保険や助成金などの経済面も確認しておきたいですね。

健康保険の適用範※原則適用されない妊娠・出産。よく確認しましょう。

御存じの方も多いと思いますが、皆さんが日頃利用している公的な健康保険は、「正常な」妊娠・出産の場合には基本的には利用できません。妊娠は病気ではないためです。

==妊婦健診、分娩・入院費用は原則自己負担==

妊娠週数により変わりますが、妊娠すると毎月1回~4回の妊婦健診を受けなければなりません。妊婦健診では健康保険は適用されず、自己負担になります。しかし、自治体などで補助がある場合が多いので、是非活用するといいでしょう。

また、分娩・入院費用も健康保険の適用はありません。病院や施設、地域によっても異なりますが、正常に経過した場合、妊娠から出産まで平均で50万円程度、リュクシューズの皆さんが気になる「ラグジュアリー産院」で分娩の場合には100万円前後のお金がかかると考えておくとよいでしょう。なお、出産育児一時金として35万円は支給されます。

==妊娠中の病気やトラブルには健康保険が適用==

妊娠中や出産時の病気では健康保険が適用されます。以下、一例です。

妊娠中:重度のつわり、切迫流産・早産、流産、早産、子宮頸管無力症、妊娠高血圧症候群、死産など

出産時:微弱陣痛などによる陣痛促進剤の使用、吸引・鉗子分娩、帝王切開、新生児集中治療室への入院など

詳細は受診した医療機関で確認しましょう。

また、入院期間や治療が長引き1ヶ月の医療費の自己負担額が高額になった場合には、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される「高額療養費制度」もあります。

助成※うまく活用して費用負担を軽減!

最近では、各自治体で少子化対策などの目的で不妊や出産を助成する制度が増えてきました。主なものは以下の通りですので、有効に活用しましょう。

・妊婦健康診査助成金

妊婦健診を受診した人に対する健診費用の助成制度です。金額や支給回数は自治体によって異なります。

・特定不妊治療費助成制度

不妊検査や不妊治療の一部が助成される制度です。体外受精や顕微授精などの高度不妊治療は対象外となる場合もありますし、所得の制限や医療機関の指定、支給金額や回数など自治体によって異なります。

・妊娠高血圧症候群等医療費助成

妊娠高血圧症候群などの治療で入院を必要とする低額所得世帯の人に対し、入院治療に要した医療費の一部を助成する制度です。妊娠高血圧症候群の他、糖尿病・貧血・産科出血・心疾患及びその続発症も対象になる場合があります。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら