妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

お役立ち情報

ママ&プレママ必見のお役立ち情報

Grand LUXE TOP > お役立ち情報 > 賢くなるあそび場

LOVE横浜 LUXEmamaと行く!ボーネルンドあそびのせかい横浜みなとみらい店
ボーネルンドあそびのせかい

子どもが生き生きと、あそんで育つ環境をつくりたいという思いに共感

ボーネルンドという名前の由来は、デンマーク語の「borne=子ども」と「lund=森」という二つの言葉。子どもがこころとからだを存分に使って、生き生きと遊び育つことのできる環境をつくりたいという思いを持っていらっしゃるボーネルンドさん。対して、Grand LUXEを運営する当社の社名は、スコーイ・インターナショナル。スコーイはスウェーデン語で「skoj=楽しい!」という意味です。世界的に見ても、社会保障制度が発達し、安心して社会生活を営むインフラが整っている北欧諸国。そんな環境での「親子の安心で楽しい暮らし」を実現させたいという当社の思いと理念が共鳴し、このレポート企画が実現しました!

今回は、ボーネルンドあそびのせかい横浜みなとみらい店内のインドアプレイグラウンド「KID-O-KID(キドキド)」のご紹介です。

今回のレポートに参加してくださるLUXE mama

LUXE mama 佐藤さん&航大くん

近所に公園がないので、普段は、雑誌・タウン誌・ネットなどで、遊べる施設やカフェの情報を得ています。まだ歩くことが出来ないので、十分に楽しめるか心配ですが、0歳児~のベビーコーナーもあるということで興味を持ち、参加しました。

プロフィール
佐藤さん
航大くん(0才)

LUXE mama 手塚さん&隆貴くん

外で遊ぶのが大好きなので、公園に行けない雨の日などは大変なんです。その点、ここは天候に左右されることなく遊べるところがいいですね。以前、川崎のキドキドに行ったことがあります。

プロフィール
手塚さん
隆貴くん(2才)

LUXE mama 尾谷さん&颯太くん

男の子ですが、とてもおとなしいんです。おともだちとケンカすることはないのですが、ひとりで遊んでしまう傾向があります。今日は、おともだちと楽しく遊んでもらいたいと思って参加しました。

プロフィール
尾谷さん
颯太くん(2才)

Grand LUXE記者の新たな発見!!

「こどもをあそばせる」って簡単なことだと思っていましたが、疑問・悩み・不安等が色々あることがわかりました。そんなママ達の助けになればと思い「子どものあそび」について真剣に取り組んでいる企業のひとつ、ボーネルンドの運営するインドアプレイグラウンド「キドキド」にいってみることにしました。

ボーネルンドのプレイスケープ「KID-O-KID(キドキド)」 とは?
ボーネルンド全体

知性・社会性・身体能力が身につくように計算されたあそび場

キドキドは、通常の遊園地や公園などとは違います。親子で一緒に「こころ・頭・からだ」を思い切り使って遊ぶことのできるインドアプレイグラウンドです。ブロック遊具やごっこ遊びなど、じっくり取り組める「静のあそび場」と運動王国デンマークの最新体育理論をもとに開発された大型ムーブメント遊具を配した「動のあそび場」から構成されており、そのあそびを通して知性・社会性・身体能力を身につけることが出来る環境になっています。

※「キドキド」の由来
「キドキド」は子どもたちの鼓動"ドキドキ"から名づけられたそうです。

さあ、レポート開始です!!

まず、受付

ボーネルンド受付

まずは、受付です。ここでパスをうけとります。時間によっては、多少並ぶこともありますが、子どもと一緒に並べば、順番を守るという行為を覚えることが出来ますね。

あそびの準備

ボーネルンド靴箱&ロッカー

キドキドでは子どもだけが遊ぶのではなく、親子で遊ぶことが基本となっています。子どもはもちろん、ママも気兼ねなく遊ぶことが出来るよう、荷物と靴を所定の靴箱やロッカーに預けて「あそび」に参加しましょう。

さて、何してあそぶ?

ボーネルンドディスカバリータウン&サイバーホイール

荷物も靴もしまって、いよいよ入場です。どんなあそびに興味を示すのか、お友達同士であそぶことが出来るのか、親子であそぶことが出来るのか...ワクワクしてきました。ここで、みなさんにワンポイントアドバイス。入場してみたものの、遊具の使用法がわからなかったり、何からあそんでいいか目移りしてしまうこともあると思います。そんな時は、施設内にいるプレイリーダーと呼ばれるお兄さん・お姉さんに声をかけてください。親子であそぶ事が基本とされている施設なので、プレイリーダー中心に遊ぶことはありませんが、「よいあそび」のヒントをくれるはずです。

その1. プレイジム

エアトラック&サイバーホイール

さすが、男の子。走る、跳ぶ・・・また走る。ここプレイジムは、大型ムーブメント遊具が並ぶ「動のあそび場」です。空気でできた走れるマット「エアトラック」。空気の力が子どもの動きをサポートし、通常の地面で遊ぶよりも体中のバネが躍動するしくみになっているので、普段は体験しにくい動きも体験できます。
朝一番や夕方の空いている時間帯であれば、小さめのお子さんもお母さんとプレイジムを少し試す事もできますよ。佐藤さんは0歳の航大くんを抱っこして、サイバーホイールでゆらゆら揺れるの動きを試していました。

ボーネルンドで体験可能な動き一覧

キドキドで体験可能な動きの種類は、なんと30種類以上。無意識のうちに色々な動きをからだが覚えていくなんて、たのもしいあそび場です。

エアートランポリン

こちらはエアクッションの壁がついたトランポリン。後ろにだって、転べるんです。

その2. ボールプール

ボールプール

その名の通り、ボールの海です。ボールを投げたり、からだをうずめたり、同じ色のボールを集めたり、それぞれがおもいおもいの「あそび」をしています。左下の写真をご覧ください。壁の穴にボールを入れると、ボールを清掃する機械に送られる仕組みになっています。子どもって何でも口にいれがちですよね?これで、衛生面が気になるママも安心です。

その3. ベビーコーナー

ベビーコーナー

ベビーコーナーは、0歳~2歳までのお子様専用コーナーです。プレイジム・ボールプール・ディスカバリータウンの縮小版といったコーナーになっています。まだ歩けないことを気にされていた佐藤さん親子も問題なし!とてもたのしそうです。

ディスカバリータウン

ディスカバリータウン

ここディスカバリータウンは、プレイジムとは異なったコーナーで、ブロック遊具やごっこ遊びなどじっくり取り込める「静のあそび場」です。こころと頭を刺激するあそびが揃っています。ひとりであそびがちなことを気にされていた尾谷さんですが、颯太君の真剣なまなざしをみてください。知性がぐんぐんと伸びているはずです。

サンドファクトリー

サンドファクトリー

みなさん、砂場でお子様を遊ばせていらっしゃいますか?山を作って、トンネルを掘ってみたり、おだんごを作ってみたり、楽しかったですよね?あそびに夢中な子ども達にとっては、どこの砂も一緒かも知れませんが、最近では、誰もが入ることを許されている公園の砂場は衛生面の不安から敬遠するママ達の声も多く聞かれます。でも、安心してください。この砂場では、そんなママ達の不安を吹きとばす「光触媒抗菌砂」が使用されています。思う存分、遊んでください。

※光触媒抗菌砂とは
太陽光や蛍光灯などから得た紫外線を吸収することで、アパタイト被覆二酸化チタンが、汚れ•最近•臭いなどの有機物を二酸化炭素と水に分解する、自己浄化作用を持つ砂で、抗菌•防汚•脱臭機能を備えた砂です。

充実のサポート施設

授乳室&おむつ替えベッド&休憩室

あそびに夢中になると忘れてしまう子どもも少なくはありませんが、もちろん、授乳・おむつ交換室完備です。休憩室では、普段交流のないママ達との情報交換もできます。みんなで良い刺激を受けあって、子どもとの生活をたのしみましょう。

名残惜しいけど...
ボーネルンド出口

真剣に遊ぶ姿に感動

ほかのお友だちと元気に遊べるか心配でしたが、プレイジムでは手塚くんとかけっこをしたり、ディスカバリータウンでは磁石に夢中になり、最後は、帰りたくないと泣き出してしまいました。我が子の真剣に遊ぶ姿をみて、また来なくては!!と思いました。

上手にあそぶ能力を発見

今日は家族全員で来ました。親子で遊んでいて気付いたのですが、私たち親よりも子どものほうが、遊び方が上手くて...こういうことが、「あそびを通して『こころ・頭・からだ』のバ ランスのとれた成長を促す」ってことに繋がるのではないかと感じました。

0歳でも楽しめました

たのしかったです!!子どもも楽しかったと思いますが、私が、たのしかったです。まだ歩く ことが出来ないので、遊べるかどうか心配でしたが、ベビーコーナー以外にサイバーホイール も体験出来ました。次回はパパと一緒に来たいと思います。

キドキドのお隣りはSHOP
ボーネルンド積み木

tittle_bnld1_h4_6-1.jpg

キドキドのおとなりには、ボーネルンドショップがあります。このショップでは、ボーネルンドが子どもの発達段階別に世界中から厳選したあそび道具・ボーネルンドオリジナルのあそび道具を販売しています。ショップには、あそび方をアドバイスしてくれるインストラクターさんも常駐していらっしゃるそうなので、自分の子ども用はもちろん、お祝いなどを選ぶときも心強いですね。

編集後記

みなさんは、ボーネルンド、または「KID-O-KID(キドキド)」をご存じでしたか。行ったことはなくても、知育玩具や木製のおもちゃに注目が集まっている昨今、聞いたことのある方が多かったのではないかと思います。今回「KID-O-KID(キドキド)」を訪問するにあたり、ボーネルンドさんに関する資料を読ませていただきました。資料からも、子どもの成長についての熱い想いに触れることが出来ましたが、実際に伺うことで、さらに「こどものあそび」の奥深さを、再発見・再認識することが出来ました。施設はもちろん素晴らしかったのですが、スタッフの方々の接客も非常に素晴らしかったです。お客様ひとりひとりのことをよく覚えていて、ママや子どもたちとの会話がはずんでいました。なるべく多くのママ達に、ボーネルンドさんの想いが伝わる体験をしていただければ、良いと思います。ぜひ、足を運んでみてください。

<あそびのせかい 横浜みなとみらい店>
■KID-O-KID営業時間
10:30~19:00(18:00受付終了)
■SHOP営業時間
10:30〜20:00
■住所
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-6-5 リーフみなとみらい3階
■最寄り駅
東急東横線・みなとみらい線 みなとみらい駅
■電話番号
045-650-1231
■URL
http://www.bornelund.co.jp/

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら