妊娠

育児

街角スナップ

Drインタビュー

お役立ち情報

お役立ち情報

ママ&プレママ必見のお役立ち情報

Grand LUXE TOP > お役立ち情報 > 1歳までの費用一覧

子育て費用シリーズ_1歳までにかかる費用一覧 妊娠中の費用 妊娠中の費用は受診する病院によって大幅に変化!マタニティ用の美容グッズもこだわると高額に! 妊婦健診受診料

公立病院などで妊婦健診を受けるか、ブランド病院で健診を受けるかによって、健診費のコストは大幅に異なります。自治体によっては、14回分の妊婦健診受診券が配布されており、2〜3万円程度ですむ場合も!

マタニティウエアやその他の必需品

妊娠中のマタニティウエアは、使い回せるチュニックやスパッツを活用 すればコストを抑えられます。妊娠線予防クリームやガードル等は様々な 価格のものが出ているので、どんなものを選ぶかによってコストは大幅に変化。

出産時の費用 出産時の費用も出産する病院によって大幅に変化!ベビーグッズの揃え方も大きなポイント 出産&入院費

妊婦健診と同じく、どの病院を選ぶかによってコストは大幅に異なります。公立病院だと50万以下、ブランド病院だと50万以上かかります。出産育児一時金が42万支給されるので(2009/10〜2011/3の時限措置)、公立病院で出産して、差額分が出ればベビー用品の購入に回すことも可能です。

ベビー服&グッズ

お友達や親戚からおさがりをもらったり、リサイクルショップやオークションを活用すれば、リーズナブルに手に入ります。大抵のものを新品で揃えると、費用は20万円程度に。

0歳時の費用 1歳時の費用 出産後はやはり粉ミルクと紙おむつ代が結構な金額に!思わず欲しくなるベビーグッズは本当に必要なものを揃えたい 健診&医療費

妊娠&出産時と同じく、どの病院で乳児健診を受けるかによって費用は異なります。 自治体によっては乳児健診の補助を行っているところも。健診費の他に、季節性 インフルエンザやHibワクチンなどの予防接種代が一回数千円かかります。

ミルク&離乳食

母乳だけで育てられれば、毎月のミルク代は不要。離乳食も手作りにすれば通常の食費に少しプラスするだけでOK。手間を省いてベビーフードを購入するとコストは大幅にアップ。忙しさとのバランスを見て、上手く使い分けたい。

おむつ

紙おむつは楽だけれど、布おむつにすれば洗濯代にかかる費用を入れても半額程度に。ただし、布おむつセットを買ったのに、結局紙おむつを使っているというママの声も多いので、注意が必要。

ベビー服&おもちゃ

大きなものは出産時に揃えていても、引き続きおさがりやリサイクルショップを活用するかしないかで大幅にコストは変動。

教育費

こどもにおけいこごとをさせている人の多くは、毎月1、2万円程度。自宅で教育&おさがりの教材ですませれば、そこまではかからない。

セレモニー費

お宮参りなど、こどもの行事には出費あり。こちらも、写真や洋服にこだわるかどうかで大きく違います。

> ページTOPへ

 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 
心配事悩んでないでDrに相談してみよう!!街角スナップで先輩ママのファッションチェック「意見交換って大事よね!」ママ&プレママたちのコミュニティー

医療関係者の方はこちら